支援

新業態挑戦・感染症対策に補助金:佐賀県

2020年 6月 12日

佐賀県は新型コロナウイルス感染症対策として、新たな業態に取り組んだり、業種別ガイドラインの遵守に取り組んだりする県内中小・小規模事業者に対して補助金を交付する「新業態スタート支援事業補助金」の公募を始めた。補助上限額は1店舗当たり20万円で、補助率は3分の2以内。申請の締め切りは第1次が6月12日、第2次が7月10日。

具体的な取り組み事例として、感染防止対策は除菌剤の噴霧装置、消毒液、マスク、ゴーグル、フェイスシールド、アクリル板、防護スクリーン、換気扇、空気清浄機の購入などを挙げる。また小売業や理美容業ではキャッシュレス決済端末の導入やネット販売・予約システムの構築、外食業ではデリバリー専用カウンター設置工事、テイクアウト容器の購入などを例示している。

詳しくは佐賀県のホームページへ。

関連リンク