支援

第9回ロボット大賞、締め切りを8月末に延期:新型コロナで国交省

2020年 6月 8日

国交、文科、厚労、農水、経産の5省と、日本機械工業連合会と共催で実施する「第9回ロボット大賞」の募集期間が今年8月31日まで延長されている。4月7日から募集を開始し、当初は6月5日を応募締め切りにしていたが、新型コロナウィルスの影響で準備が十分にできないという声が複数寄せられたため延長することにした。これにともない大臣賞等の決定時期は来年年明けにずれ込む。

「ロボット大賞」は日本のロボット技術の発展や社会実装を促進することを目的に、優れたロボット等の先進的な活用や、研究開発、人材育成などに取り組んだ企業の表彰制度。1次審査(書類審査)と2次審査(現地調査、プレゼンテーション審査)を行い、国交大臣賞など各賞を決定する。

詳しくは国交省のホームページから。

関連リンク