支援

第3者承継の初期費用を支援:福井県

2020年 6月 5日

福井県は親族以外の第3者が後継者不在の小規模企業を引き継ぐ際の初期費用を助成する「ふるさと企業経営承継円滑化事業(事業創継・再編統合型)」の公募を始めた。事業用建物の改装や設備導入、設備承継、技術承継にかかる費用が対象で、助成率は3分の2以内、助成限度額は300万円。6月30日まで募集する。

助成対象者は20~49歳の個人、代表者が20~49歳の県内中小企業、福井県の後継者全国公募プロジェクトにより県内小規模事業者で研修した人など。代表者が60歳以上かつ創業30年以上で、独自技術を用いて商品の製造・加工・販売、サービスを提供している県内小規模事業者の事業引継ぎを5月1日~2021年1月31日に行うことが条件。

詳しくは、ふくい産業支援センターのホームページへ。