支援

人工呼吸器生産に補助金:経産省

2020年 6月 2日

経済産業省は人工呼吸器や体外式膜型人工肺(ECMO)を増産するため、生産ラインの増強や新規生産ラインの設置、生産設備の導入を行う事業者を支援する「人工呼吸器等生産設備導入支援補助事業」の第2回公募を始めた。新型コロナウイルス感染症緊急経済対策の一環で、重症者の治療に必要となる人工呼吸器や人工肺の安定的な供給量を確保するのが目的。公募期限は6月15日。

応募資格は人工呼吸器やECMOなどの製造事業者、および製造に必要な部材製造事業者。補助率は10分の10で、補助額は高度な医療機器については製造ラインごとに上限5億円、簡易な医療機器は上限1億5000万円を補助する。5月7日~13日に募集した第1回公募では、アコマ医科工業、日本光電富岡、テルモ、泉工医科工業の4社が採択された。

詳しくは経産省、および業務管理事業者である公益財団法人医療機器センターのホームページへ。

関連リンク