支援

都 テレワーク導入支援など5832億円の補正予算案

2020年 5月 20日

東京都は19日、新型コロナウイルスの感染拡大防止と経済社会活動との両立を実現するため、5832億円の2020年度補正予算案を発表した。

補正予算の柱は、(1)新型コロナウイルスの感染拡大を阻止する対策(2)経済活動と都民生活を支えるセーフティネットの強化(3)感染症防止と経済社会活動との両立等を図る取組(4)社会構造の変革を促し、直面する危機を乗り越える取組——の4本。

感染症拡大防止協力金の支給に930億円、新型コロナウイルス感染症対策に係るテレワーク活用促進緊急支援に366億円、中小企業制度融資等に3041億円、新しい生活様式に対応したビジネス展開支援に35億円、飲食事業者の業態転換支援に6億円、新型コロナウイルス感染症緊急対策に係る新販路開拓に向けた設備導入支援事業に1億円などを計上して、事業者支援に努めている。

詳しくは、財務局主計部財政課のホームページで。

関連リンク