支援

個人向け緊急小口資金特例貸付、郵便局でも受付へ:28日から、日本郵便

2020年 5月 19日

日本郵便は個人向け緊急小口資金の特例貸付の申請受付迅速化を図るため、5 月28日から全国2160 の「取扱郵便局」で受付業務を開始する。取り扱い郵便局は大規模な窓口がある郵便局のこと。同貸付申請はこれまで、市町村社会福祉協議会および各都道府県の労働金庫だけだったが、窓口を拡充して受付の迅速化を図ることにした。

緊急小口資金貸付は低所得世帯に対し生活費など必要資金の貸付けを行う制度だが、新型コロナウイルス感染症拡大を踏まえ、貸付対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、中小企業の従業員や個人事業主など休業や失業などで生活資金に窮している人にも特例貸付を実施している。

申請に必要な書類など詳しくは日本郵便のホームページから。

関連リンク