支援

雇用調整助成金申請期限8月末に延長、20日からオンラインでも:厚労省

2020年 5月 19日

厚労省は5月19日、今月末だった雇用調整助成金の申請期限を8月31日まで延長すると発表した。手続き迅速化のため5月20日からオンライン申請も受け付ける。申請はこれまで関連書類を労働局の窓口に持参するか、郵送しなければならなかったが、メールアドレスと、ショートメールが受け取れる携帯電話を準備したうえで同省のホームページから専用システムにアクセスすればオンラインでもできるようになる。

雇用調整助成金は、売り上げが減少しても企業が従業員を解雇せずに雇用を維持し、休業手当を支払った場合に国が手当の一部を助成する制度。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、助成率引き上げなどが手当てされ、制度拡充が始まった今年2月14日から今月18日までに2万4797件の申請があり、1万2201件が支給決定済み。同省は従業員20人以下の小規模事業主の申請手続きや助成額算定方式を簡略化するなど、制度のさらなる拡充も行っており、利用を呼びかけている。

オンライン申請は5月20日正午から以下のURLへ。

雇用調整助成金について詳しくは厚労省のホームページへ。

関連リンク