支援

生産性向上で専門家派遣:中小機構が利用企業募集

2020年 3月 30日

中小機構は、中小企業の生産性向上を応援する「中小企業生産性革命推進事業」の一環として、「IT経営簡易診断」と「海外展開ハンズオン支援」を希望する企業を4月1日から募集する。生産性向上や海外展開に向けた事業計画づくりについて、専門家が一貫してアドバイスする。

このうちIT経営簡易診断は、売上拡大やコスト削減といった経営・業務上の課題を見える化し、解決するために活用できるITツールの情報提供やアドバイスを行う。また海外展開ハンズオン支援事業は、海外への販路開拓や投資に向けた事業計画・アクションプランについて、経営目線でアドバイスするとともに、事業環境の大きな変化を踏まえ、今後の海外展開の在り方や先を見据えた国内におけるアドバイスも行う。

中小企業生産性革命推進事業は、人手不足や働き方改革に伴う制度変更、さらには新型コロナウイルス感染症の拡大など、さまざまな課題に直面している中小企業・小規模事業者を支援するもの。国の制度変更に関する情報提供から、生産性向上のための事例・支援ツールの紹介、計画づくりに関する専門家によるアドバイス、補助金による資金支援などを一貫して実施する。

詳しくは中小企業生産性革命推進事業の特設サイトへ。