イベント

経産大臣賞など贈賞:第10回日本でいちばん大切にしたい会社大賞

2020年 3月 17日

授賞式後に記念撮影(前列左端が坂本会長、右端が豊永理事長)
授賞式後に記念撮影(前列左端が坂本会長、右端が豊永理事長)

人を大切にする経営学会(坂本光司会長=元法政大学大学院教授)は3月16日、東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷で第10回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の授賞式を開催した。当初、法政大学市ケ谷キャンパスで数百人規模での開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症への対応から、大幅に規模を縮小し、受賞企業代表者と審査委員のみで実施した。

まず審査委員長でもある坂本会長が、審査の経緯と結果を発表した。「受賞者は皆、極めて厳しい審査基準をクリアしており、こうした企業が益々増えれば、日本は世界が羨望する国になるだろう」と受賞各社を激励した。来賓として参加した中小機構の豊永厚志理事長は「弊機構が応募したら一次審査で落ちたかもしれないほど厳しい審査基準に心洗われる思いをした」と述べた上で、受賞各社の取り組みを称賛した。

その後、豊永理事長が経済産業大臣賞を受賞したライオン(東京都墨田区、日用品メーカー)の山内あずさダイバーシティ専任部長に表彰状と記念盾を授与。各審査委員が厚生労働大臣賞を受賞した協和(東京都千代田区、ランドセル製造)の若松秀夫社長、地方創生大臣賞を受賞したマキオ(鹿児島県阿久根市、各種小売業)の牧尾英二社長、中小企業庁長官賞を受賞したカンセイ工業(さいたま市北区、区画線設置業)の飯島寛己代表取締役らに表彰状と記念盾を手渡した。

今回は過去最多となる127件の応募があり、現地調査を含む3次審査を経て、合計20社・団体を選んだ。9月12日に立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区)で行われる同学会の第7回全国大会で、受賞者を祝う会を改めて盛大に開く。さらに過去10回で受賞企業・団体は130を超え、2017年には「受賞企業の会」も結成しており、10月7日には第3回受賞企業であるケーズホールディングス(水戸市、家電量販店)を訪問する予定だ。

そのほかの受賞企業は次の通り。

【中小企業基盤整備機構理事長賞】現場サポート(鹿児島市、建設関連ソフトウエア開発・販売)

【審査委員会特別賞】▽ATUホールディング(福岡市博多区、警備業)▽向陽信和(岐阜県土岐市、仮設足場リース・工事)▽西部ガス(福岡市博多区、ガス・同器具の販売)▽三興塗料(東京都板橋区、塗料・同用具の販売)▽ツー・ナイン・ジャパン(京都市南区、錠剤用金型の製造・表面処理)▽東条設計(鹿児島市、建設設計・同コンサルタント)▽長坂養蜂場(浜松市北区、はちみつ・同加工品の製造・販売)▽パワーネット(香川県丸亀市、人材紹介業)▽フーゲツ(新潟県小千谷市、段ボール・気泡緩衝材の製造・販売)▽ヤマダインフラテクノス(愛知県東海市、橋梁などの塗装修繕工事)

【実行委員会特別賞】▽社会福祉法人あいの土山福祉会エーデル土山(滋賀県甲賀市、特別養護老人ホーム)▽医療法人大河内会おおこうち内科クリニック(愛知県稲沢市、総合内科クリニック)▽社会医療福祉法人寿量会(熊本市、病院経営・老人福祉事業)▽社会福祉法人ステップ・ワン(静岡県御殿場市、B型施設の運営など)▽社会福祉法人太陽の家(大分県別府市、障がい者福祉事業)