イベント

大臣賞にライオン、協和、マキオ:第10回日本でいちばん大切にしたい会社大賞

2020年 2月 28日

記者会見で受賞理由を説明する坂本会長
記者会見で受賞理由を説明する坂本会長

人を大切にする経営学会(坂本光司会長=元法政大学大学院教授)は2月27日、第10回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の受賞企業を発表した。経済産業大臣賞は生活用品メーカーのライオン(東京都墨田区)、厚生労働大臣賞はランドセルを製造する協和(東京都千代田区)が受賞。今回から新設された地方創生大臣賞は各種小売業のマキオ(鹿児島県阿久根市)が栄誉に輝いた。

今回は過去最多となる127件の応募があり、現地調査を含む3次審査を経て、合計20社・団体を選んだ。中小企業庁長官賞は区画線設置事業を手がけるカンセイ工業(さいたま市北区)が、中小企業基盤整備機構理事長賞は建設関連のパッケージソフトを開発する現場サポート(鹿児島市)が選ばれた。

ライオンは非正規社員が多い業界にあって正社員比率が84.2%、障がい者雇用率が2.75%と高く、法定外福利厚生制度が充実している点が評価された。協和は全社員が正社員で定年なし、障がい者雇用率3.5%、ランドセルを低価格で提供・寄贈している点が、マキオは過疎化が進む地方で24時間年中無休営業の大規模スーパーを展開し、地域住民の自宅までマイクロバス4台で送迎している点が、それぞれ評価された。

同日会見した坂本会長(審査委員長)は「世間では黒字経営にもかかわらずリストラを平気でやる企業が後を絶たない。企業経営の真の目的は社員とその家族、取引先、顧客など関係する5人の人々を幸せにすることであり、業績は単なる手段だ。本来の企業活動に取り組む企業を顕彰する賞の意義をさらに広めたい」と述べた。

表彰式は3月16日に予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、9月12日に立教大学(東京都豊島区)で行われる同学会全国大会での併催に延期する。なお3月16日は少人数だけで受賞企業に表彰状を授与する予定だ。

そのほかの受賞企業は次の通り。

【審査委員会特別賞】
▽ATUホールディング(福岡市博多区、警備業)▽向陽信和(岐阜県土岐市、仮設足場リース・工事)▽西部ガス(福岡市博多区、ガス・同器具の販売)▽三興塗料(東京都板橋区、塗料・同用具の販売)▽ツー・ナイン・ジャパン(京都市南区、錠剤用金型の製造・表面処理)▽東条設計(鹿児島市、建設設計・設計コンサルタント)▽長坂養蜂場(浜松市北区、はちみつ・同加工品の製造・販売)▽パワーネット(香川県丸亀市、人材紹介業)▽フーゲツ(新潟県小千谷市、段ボール・気泡緩衝材の製造・販売)▽ヤマダインフラテクノス(愛知県東海市、橋梁などの塗装修繕工事)

【実行委員会特別賞】
▽社会福祉法人あいの土山福祉会エーデル土山(滋賀県甲賀市、特別養護老人ホーム)▽医療法人大河内会おおこうち内科クリニック(愛知県稲沢市、総合内科クリニック)▽社会医療福祉法人寿量会(熊本市、病院経営・老人福祉事業)▽社会福祉法人ステップ・ワン(静岡県御殿場市、B型施設の運営など)▽社会福祉法人太陽の家(大分県別府市、障がい者福祉事業)