イベント

atsumelが総務大臣賞:全国中小企業クラウド実践大賞

2020年 2月 13日

表彰式後に並んだ受賞者・主催者ら
表彰式後に並んだ受賞者・主催者ら

日本商工会議所、全国商工会連合会などは2月12日、東京都千代田区の東商グランドホールで「全国中小企業クラウド実践大賞・全国大会」(総務省共催、中小企業庁、中小機構など後援)を開いた。昨年後半に和歌山、金沢、盛岡、長野、福岡の全国5カ所で行われた地方大会を勝ち抜いた10社の中から、顧客情報の共有化により商談化率を大幅に向上させたatsumel(名古屋市中区、不動産コンサルティング)が最高賞となる総務大臣賞を受賞した。

同クラウド実践大賞は、中小企業・小規模事業者による先進的なクラウドサービス実践事例を表彰することで、他の中小企業に対してIT・クラウド導入を啓発し、収益力向上や経営効率化を促すのが目的。Atsumelはクラウド型顧客情報管理システム「セールスフォース」を導入し、顧客情報の見える化により営業活動の効率化を実現。過去10年間でグループ企業の拠点を1カ所から10カ所規模に拡大し、大幅な増収を達成するとともに、他の不動産会社に対して同様のシステムを導入する支援サービスを提供している。

表彰式で、総務省の寺田稔副大臣は「地域や中小企業の活性化が大きな課題となる中で、多くの中小企業の模範となることを期待している」と激励した。日商の三村明夫会頭は「中小企業なくして持続的な経済成長はあり得ない。デジタル技術を活用した生産性向上をさらに進める必要がある」と話した。クラウド活用・地域ICT投資促進協議会理事長で審査委員長を務めた三友仁志早稲田大学大学院教授は「これを機に先進事例の発信に力を入れていきたい」と述べた。

このほかの受賞企業は次の通り。
▽日本商工会議所会頭賞=ダイヤ精機(東京都大田区、測定器製造)
▽全国商工会連合会会長賞=航和(宮城県雫石町、介護施設・介護保険サービス事業所運営)
▽全国中小企業団体中央会会長賞=コスモテック(名古屋市緑区、プレス機器の保守)
▽クラウド活用・地域ICT投資促進協議会理事長賞=ジェイ・バン(富山市、研修・コンサルティング)
▽クラウドサービス推進機構理事長賞=竹延(大阪市都島区、専門塗装・外装リニューアル工事)
▽日本デジタルトランスフォーメーション推進協会会長賞=マックスヒルズ(大阪市北区、紹介クチコミキャンペーンアプリ事業)
▽審査員特別賞=日美装建(札幌市西区、オフィスビルなどへの清掃員派遣)、松月産業(仙台市青葉区、ビジネスホテルチェーン)、小松電業所(石川県小松市、産業機械制御装置の製造)