支援

中小企業の支援強化へ、信金中金と業務提携:中小機構

2020年 1月 28日

業務提携後を発表した柴田信金中金理事長(右)と豊永中小機構理事長
業務提携後を発表した柴田信金中金理事長(右)と豊永中小機構理事長

中小機構は1月28日、東京都中央区の信金中央金庫(信金中金)本店で、信金中金と業務提携に関する合意書を締結した。事業承継・事業引継ぎやIT導入による生産性向上など中小企業を取り巻く経営環境が激変し、広範囲な支援が急務になっていることから、両者の長所を相互補完して連携を強化する。第1弾として2月から双方の情報提供で小規模M&Aを推進するほか、3月には外国人材活用の最新動向を伝える中小企業経営者向けセミナーや、中小企業へIT導入を促進する信用金庫職員向けセミナーを予定している。

会見した中小機構の豊永厚志理事長は「機構にはない信金の金融機能に期待している。全国の支店網を活かしたきめ細かい支援ができれば」と表明。信金中金の柴田弘之理事長は「機構の持つ様々な機能を使わせていただき、包括的な支援につなげたい」と語った。

合意書に盛り込まれた支援内容は(1)事業承継・事業引継ぎ(2)ハンズオンと金融(3)マッチング(販路開拓)(4)海外展開(5)人材育成(6)成長加速化(FASTAR)(7)IT活用による生産性向上(8)被災地域の8項目。両者はこれまで東日本大震災の被災地域支援やアジア地域での海外ビジネスマッチングで協力してきたが、今後は広範囲な分野で支援を活発化させる。