支援

補助金のオンライン申請システムが運用開始!:経産省

2019年 12月 26日

経済産業省では、12月23日から補助金の新しい電子申請システム「jGrants」(ジェイ・グランツ)の運用を開始した。利用者は、法人の基本情報や過去の申請情報の入力、押印の手間が軽減される。また、申請書提出のための交通費や郵送費も不要となる。

まずは、小規模事業者持続化補助金をはじめとする2019年度補正予算分の7補助金、2020年度当初予算分の20補助金について、同システムが利用できるようになる。電子申請を利用するためには、無料で作成できるアカウント「gビズIDプライム」を取得しておく必要がある。作成には2~3週間かかるとされているため、公募開始に備え、早めにアカウントを作成したい。

アカウントを作成するには、gBizIDサイトにアクセスし、登録申請フォームに必要事項を入力のうえプリントアウト。記入押印し、印鑑証明書とともに郵送する。審査が完了すると登録メールアドレスあてに電子メールが送られてくる。その際、スマートフォンもしくは携帯電話を介し、SMS(ショートメッセージサービス)による本人確認を行う必要がある点にも注意したい。