支援

高齢者がいきいきと働ける職場コンテスト:厚労省が募集

2019年 12月 26日

厚生労働省は高齢・障害・求職者雇用支援機構と共催で、高齢者が働きやすい職場づくりの事例を募集する「高年齢者雇用開発コンテスト~生涯現役社会の実現に向けて~」を実施している。応募対象は希望者全員が65歳まで働ける企業。応募期限は2020年3月31日で、特に優れた事例は同年10月の「高年齢者雇用支援月間」中に表彰する予定だ。

募集内容を例示すると、(1)定年制の廃止、定年年齢の延長、65歳を超える継続雇用制度の導入までのプロセス(2)賃金・人事評価制度の見直し(3)高齢従業員のモチベーション向上に向けた取り組み(4)高齢従業員による技術・技能継承の仕組み(5)新職場の創設・職務の開発(6)作業環境の改善—など。

詳細は厚労省のウェブサイトへ。