支援

大学で講義しませんか?:近畿経産局が募集

2019年 12月 4日

近畿経済産業局は、近畿地域の大学・短大・高専で講義のゲストスピーカーとして登壇する中小企業者を募集している。講義で自社の魅力を直接発信することで、学生に中小企業の存在を知らせ、「地域で働く」「中小企業で働く」ことをイメージさせる機会を提供するのが目的。将来的に若手人材の確保につながることも期待している。

対象となるのは地域未来牽引企業、はばたく中小企業・小規模事業者300社、新連携認定企業など過去10年内にいずれかの受賞・認定を受けている優良企業。専用のマッチングサイトに登壇可能企業として掲載され、大学から申し込みがあれば直接交渉する。

近畿経産局の調査によると、8割以上の大学生は「中小企業は就職先の対象となる」と回答している。しかし「どこで情報を入手したらよいか分からない」(73.7%)、「中小企業の人から話を聞くことがなく、イメージがわかない」(69.4%)など、学生が中小企業を知る機会が十分にないのが現状だという。

詳しくは近畿経産局のウェブサイトへ。