イベント

新たな出会い、販路開拓の場に:新価値創造展2019が開幕

2019年 11月 27日

テープカットに臨む関係者
テープカットに臨む関係者

中小機構が主催する「新価値創造展2019(第15回中小企業総合展東京)」が11月27日、東京都江東区の東京ビッグサイトで開幕した。中小企業の優れた製品、技術、サービスが全国から集結し、ビジネスマッチングを行うイベントで、海外5機関を含む中小企業約380社が出展。産業・技術、健康・福祉、環境・社会の3分野に分かれ展示商談を行うほか、生産性向上、SDGs(持続可能な開発目標)に関するセミナーや先進事例の紹介も実施する。会期は29日まで。

開幕に先立って行われた開会式で、主催者の豊永厚志中小機構理事長は「新価値創造展は今回で15回目。出展者と来場者、出展者同士が出会い、新たな価値を生み出す場だ。昨年度のアンケート調査によると参加者の約9割が目的を達したと答えており、複数の企業による共同開発の例も聞いている。今年も新たな出会い、販路開拓、価値の創造を期待している」と挨拶した。

来賓の渡邉政嘉・中小企業庁経営支援部長は「これからのイノベーションの主体はまさに中小企業だ。新価値創造展で自分の思っていることと全く異なる領域との出会いを果たすとともに、自社の得意の領域をPRし、今後の成長に向けたきっかけにしてほしい」と語った。

続いて昨年、新価値創造賞2018を受賞した小松精機工作所(長野県諏訪市)の小松誠会長ら4社の代表者が登壇し、テープカットを行った。