支援

イノベーションネットアワード2020応募受付中:地域産業支援プログラムを表彰

2019年 11月 13日

日本立地センターと全国イノベーション推進機関ネットワークが「イノベーションネットアワード2020」の応募を受付中だ。新事業や新産業創出などを通じて地域産業の振興や活性化に優れた成果を挙げている「地域産業支援プログラム」を表彰するイベントで、今回で9回目。

表彰対象は、地域産業の振興・活性化を目的に活動する大学・高校などの教育機関、金融機関、民間団体等が現在実施し、今後も継続する産業支援事業。岸輝雄・新構造材料技術研究組合理事長を審査委員長とする審査団が、支援プログラムの独自性や関係機関との連携、地域経済への波及効果などを基準に審査し、経済産業、文部科学、農林水産の各大臣賞のほか、全国イノベーション推進機関ネットワーク会長賞、日本立地センター理事長賞を決定する。また地域のイノベーションや地方創生などで成果を上げている個人には「全国イノベーション推進機関ネットワーク堀場雅夫賞」が贈られる。

応募は専用ホームページから応募様式をダウンロードして2020年1月17日までにメールで。他薦も受け付けており、こちらは19年12月11日まで。審査結果発表は20年5月中旬、表彰式は6月16日を予定している。詳しくは以下から。