支援

「キラリ輝く中小企業の挑戦」発行:日商

2019年 10月 28日

『地域の発展に貢献する、キラリ輝く中小企業の挑戦』の表紙

日本商工会議所はこのほど、今後の新たな企業経営や経営者のあり方などに関する議論の成果を取りまとめた『地域の発展に貢献する、キラリ輝く中小企業の挑戦』(経営力向上に挑戦した「キラリ輝く中小企業12選!」)を発行した。付加価値の創出、新ビジネス展開など12分野で、経営力の向上に挑戦している中小企業・小規模事業者の事例を紹介したもの。

同書は企業を「社会の公器」と位置づけ、地域とともに持続的な成長を目指して、社会的価値向上に努めることが望ましいとの考え方も記している。事業活動で得られた「利益」を投資や従業員の物心両面の幸福、取引先との成果配分、社会貢献活動、顧客や株主への還元などに活用することで「貢献の循環」を生むように努めるべきであることを指摘したうえで、経営の心得や価値基準の考え方、中小企業経営の基本的方向性を示している。

こうした方向性は8回にわたる有識者の講演を踏まえて導き出したもの。企業の社会貢献のあり方や老舗企業の経営の秘訣、AI(人工知能)を活用した新たなビジネス創出、企業間の新たな共存共栄関係の構築などの講演録も収録している。