支援

クールジャパン政策で「匠の技」募集中:ジェトロ

2019年 9月 18日

 ジェトロ(日本貿易振興機構)は、地域資源を活用した工芸品・伝統産品・生活雑貨などの魅力発信と輸出支援を目的に、日本全国から次世代を担う企業約100社を募集している。同事業は、クールジャパン政策の海外需要開拓プログラム。「海外EC事業者との商談・匠モールでのネット販売(買取り方式)」「海外デジタルメディア・インフルエンサーの取材による日本商材と産地の魅力発信」「海外展開サポートメンバーによるメンタリング(人材育成)」を通じて、デジタルトレード時代に対応した「匠」の海外展開を経営・販売・広報面から総合的に支援する。

 参加費は無料。対象企業は「日本らしさ」「匠の技」など日本各地の技術や生活文化の特色を生かした魅力ある商材を生産・販売し、海外での販売を希望する企業・事業者100社程度。対象品目は生活雑貨(工芸品、日用品、文具)、家具、アクセサリー、テーブルウェア、食器、カトラリー、キッチン用品、ファッション衣類・小物などの日本製品で「ジャパンラグジュアリー」をイメージできるデザイン性の高いもの。

 採択結果は、11月1日をメドに通知する。採択された事業者は、11月11日から15日までに 全国5都市(東京、大阪、仙台、名古屋、福岡)でキックオフミーティングを開き、有識者によるメンタリングを実施する。12月にかけて海外から招くデジタルメディア・インフルエンサーによる取材「Industrial Tourism in Japan」を受けて広報活動に従事。来年1月まで全国5都市で開く海外EC事業者との商談会に臨み、EC事業者による「匠モール」などでの販売を2月まで続ける。3月中旬には東京と大阪で開く最終報告会に参加する。

 募集要項、海外展開サポートメンバーなど詳しくは、以下まで。