支援

契約完了でもOK:中企庁が軽減税率対応レジ普及策

2019年 8月 28日

 経済産業省中小企業庁は、10月の消費税軽減税率制度の実施に向け、軽減税率に対応するレジの導入に対する補助金の手続要件を変更する。対象となるレジについて、9月30日までの「設置・支払い完了」を「契約手続き完了」に改める。中小企業による対応レジの導入を幅広く促進するのが狙いだ。

 レジの売買契約から支払い完了まで通常、数週間程度かかるため、現行の要件では9月中に設置できるレジも補助の対象外になる恐れがある。8月後半以降の売買契約が補助金の対象とならない可能性を考慮し、レジメーカーや販売店が受注を抑える状況にあり、要件を変更することにした。

 詳しくは以下まで。