支援

廃校活用でマッチングイベント:文科省

2019年 8月 20日

 文部科学省は、廃校を使ってほしい自治体と廃校を活用したい企業を結びつける「廃校活用マッチングイベント」を、9月20日に三田共用会議所(東京都港区)で開く。廃校施設を有効活用し、雇用創出や地域活性化につなげる狙い。全国の廃校活用事例について企業と自治体の双方が講演するほか、16の自治体がブースを出展し、参加者同士で情報交換するマッチングの場を設ける。参加可能人数は250人(先着順)。

 少子化による児童生徒数の減少や、市町村合併などの影響で近年、全国で500校もの学校が廃止され、その施設の有効活用が求められている。昨年度は味噌工場(静岡県伊豆市)、ITオフィス(島根県浜田市)、カフェ・ホステル(徳島県三好市)などの活用事例が紹介された。

 詳しくは以下まで。