支援

全国の地銀で採用:TKCモニタリング情報サービス

2019年 7月 30日

 会計事務所と地方公共団体向けに特化した情報サービスを提供しているTKC(栃木県宇都宮市)の「TKCモニタリング情報サービス」が、このほど全国64の地方銀行(第一地銀)すべてに採用されたと発表した。

 同サービスは、TKCシステムを利用する中小企業が、金融機関に決算書や月次試算表などを電子データで提供できる無償のFinTech(ファイナンス・テクノロジー)サービス。全国411金融機関(地銀、第二地銀、信金、信組など)が導入している。TKC全国会の会員である会計事務所が、関与先企業の依頼に基づいて金融機関に決算書などのデータをインターネット経由で提供する。7月18日現在、11万件を超える決算書が同サービスを通じて金融機関へデータを提供している。

 同サービスを導入した金融機関からは、「決算書の収集の手間がなくなった」「融資審査や格付け業務が合理化された」などの高い評価を受けており、同サービスを利用する中小企業からも「紙で提出する手間がなくなった」「金融機関から追加融資の提案を受けた」といった喜びの声が届いているという。