調査

建設業者の下請取引実態を調査:国交省・中企庁

2019年 7月 16日

 国土交通省と中小企業庁は、建設工事における下請取引の適正化を目指して、郵送による下請取引等実態調査を今年度も実施している。大臣許可業者1750者と知事許可業者1万2250者をあわせた全国の1万4000の建設業者を対象に実施し、建設業法令違反行為などが判明すれば是正措置を講ずるよう指導する。

 調査期間は8月16日まで。調査内容は、下請契約の締結、下請代金の支払期間・方法、元請負人による下請負人へのしわ寄せ、消費税の転嫁などの状況。元請負人と下請負人の取引は、元請負人と1次下請との取引だけでなく、2次と3次、3次と4次などの取引も含む。

 詳細は、以下まで。