HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

株式会社 スタイロジャパン
ゼロ・エミッションを企業理念に、廃プラスチックの完全循環型リサイクルの普及を目指します。
代表取締役社長 池田 稔
892−0803
鹿児島県鹿児島市祇園之洲町34
099−247−2877
099−248−2305
http://www.styrojapan.co.jp
styrojapan@po.minc.ne.jp
合成樹脂製品
39名
環境循環型エンジニアリング企業、スタイロジャパンは廃棄物の大半を占める廃プラスチックの回収から原料(素材)の再生、再商品化に至るまでの総合再資源化システムの研究開発に取り組んでいます。平成10年には、廃発泡スチロールのポリスチレン分離再生システムを完成させ、廃棄物の減量化、資源の節約、エネルギーの節約を進めています。地球の未来へ私たちが出来ること。スタイロジャパンは完全循環型リサイクルシステムを通じて、人、地域、そして地球の持続的な発展を実現していきます。
完全循環型リサイクルプラント
組立式再生装置と減容回収車をセット
この装置は廃発泡スチロールからポリスチレンペレットもしくは発泡ビーズの2種類の原料を再生する装置です。更にこの装置では当社が独自に開発した発泡スチロール減容剤である、「スタイロソルブ6000」も98%回収、再利用でき、2つのリサイクルの輪ができるようになります。又、工場排水、排煙等も出さない構造となっており、今日の環境問題をクリアした完全循環型リサイクルの装置となっています。
設置型減容機―  置き場所を取り、嵩張る発泡スチロールを、床面積0.5坪と小スペースで、1時間に約30kg減容化が可能で。発泡スチロールの排出現場ですぐに減容できる為、ストックヤードの問題を解決できます。
減容回収車―  発泡スチロールの排出現場を巡回しながら約300kg分の発泡スチロールをその場で回収、減容できます。排出場へ直接出向ける為、発泡スチロールの分別をしておくだけでリサイクルを実現します。
再生装置
回収車および設置型