HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

株式会社  ジーバ
[高齢者の高齢者による高齢者のための企業]
代表取締役 北川 安洋
843−0014
佐賀県武雄市橘町大字永島16807−3
0954−22−5536
0954−22−5565
http://www2.saganet.ne.jp/it/mihon/jeeba/
jeeba@po.saganet.ne.jp
介護用品製造・販売業
6名
株式会社ジーバは、1997年6月設立。同社の社名は、「爺」、「婆」を由来としています。卓越した経験やノウハウ、人脈や意欲もあるサラリーマンが会社や組織を離れて、やり残した事ができる年齢に達した方々に呼びかけ、賛同してくれた方々と高齢者が使う介護機器を、高齢者の手で開発しようと設立しました。株式会社ジーバは宝である高齢者を活用し、生き甲斐を実現する「シルバーベンチャー企業」です。高齢者が必要とする機器を、誰にでも使いやすく、買いやすい価格で、開発・販売を追求していきます。
臭い・汚い・大変を解消
多彩な機能で楽々介護
排泄時に気になる臭いや音を遮断する機能を備えたポータブルトイレ「あわゆき」。「あわゆき」はエアーポンプにより、便層の中に常に泡が充満しており、泡の中に排泄するので音がせず、泡が蓋の役割を果たし臭いを完全に遮断します。臭いがしないため汚水処理は一日一度ですむため、節水効果があり水道代の節約にもなります。イスは肘掛けが上げ(座面から20センチ)下げ(座面の高さ)でき、肘掛けを下げた状態でベッドから横滑りしてトイレに座ることができます。三方を塞いでいるのでクッションを乗せることにより、座椅子としてのご利用も可能です。
在宅介護では、日常生活において抱える作業、移動する作業が、介護する側、される側にとって、大変な負担になっている部分があります。介護用リフト「てがる」は10種類以上の多彩な機能を満載し、包み込んで持ち上げ、おむつの交換や、車イスへの移動、リクライニング機能などが、リモートコントロールで一人でも簡単に介護ができ、被介護者の自立にも繋がります。また「てがる」は介護保険制度が適用できます。
泡でふたをするポータブルトイレ『あわゆき』
介護用リフト『てがる』