HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

外谷製紙株式会社
新素材で「和紙のある暮らし」
代表取締役 外谷 真治
690−2103
島根県八束郡八雲村西岩坂116
0852−54−0013
0852−54−1116
http://www.torun.co.jp/
toyas@pastel.ocn.ne.jp
紙加工品
7名
伝統の出雲藁半紙の製造に胡座を掻く事なしに、「新しいもの、自社製品の開発」に挑戦。
「和紙と健康」をテーマに開発
トルンループ・ブレスレット
歴史を持つ出雲半紙製造はいまや1軒となり、新しい挑戦として、島根県のゼオライト埋蔵量が多い事に着目し、「ゼオライト入り和紙」の開発を手がける。健康志向でメディアで取り上げられた事もあり、首都圏での売上が急増し、新しい製品化も順調。
トルンシーツに漉き込んだ鉱石を空洞のシリコンチューブに入れた「トルンループ」を製品化。身体の痛いところにあてると血行を良くし、痛みを緩和。活動性を考えて便利で、長く使用でき、健康グッズとしてプロ野球選手などスポーツ業界にも愛用されている。
和紙のシーツ
トルンループ