HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

アリオテクノ株式会社
不可能に挑戦・克服する技術屋集団
−医療機器から航空機器・通信機器・OA機器等まで製造−
代表取締役 竹内 昭
660−0833
兵庫県尼崎市南初島町 10番145
06−4868−5001
06−4868−5010
http://www.ario.co.jp/
info@ario.co.jp
一般機械器具
25名
 当社は、メカトロニクス部材メーカーとして昭和45年に創業。事務機器、電機空圧、その他精密機械部品を製造販売し、現在は医療用具製造工場(認可番号28BZ5005)として認可を受け、各種医療機器・部品等の製造を行っている。そして、「高度な技術と合理化の追求」を基本理念とし、確かな技術と実績に基づき、迅速かつ正確に客先のニーズに応える。
炭酸ガスレーザー手術装置のアーム部分
倍率5,500倍でテレビに映し画像を残す
 炭酸ガスレーザー手術装置の(多関節)アーム部分をはじめ、人工関節などの外科骨手術用具の製造・改造・修理や、医療機器(CO2レーザー)用先端チップ、医療機器(CO2レーザー)用ハンドピースなどの医療用機器の部品製造を行っている。また、熱追尾ジャイロ・ローター用ハウジングなどの航空機器部品、通信機器やOA機器などの分野に係る各種精密機械部品等も製造している。
 倍率4,600倍の位相差顕微鏡に続き、倍率5,500倍の新型位相差顕微鏡を自社開発。検体をプレパラートにセットし、顕微鏡の挿入口に差し込むだけでビデオ信号を出力し、テレビあるいはプロジェクターなどで映し出すことができる。この顕微鏡を用いることで、液体中の極小物を高コントラストで観察できるとともに、生きた菌や細胞などを無染色で、しかもフルレート動画で観察が可能となる。
外科手術用マニピュレーター(CO2レーザー)
新型位相差顕微鏡 Neo-ScopeV