HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

高嶋技研株式会社
他の企業が作らない物で勝負する!−不透明容器内の異物を超音波で検出!
代表取締役社長 高嶋 善彦
919−0742
福井県坂井郡金津町瓜生29−2
0776−74−1111
0776−74−1112
http://www.takashima-giken.co.jp  
tgk@takashima-giken.co.jp
一般機械器具製造業
26名
 世の中に是非必要なもので、他社と異なる方式の製品を作ることが独立メーカーの条件です。
飲料品のかび発生や食味の劣化を防止
不透明の容器や飲物等の検査に威力を発揮
 ペットボトルやボトル缶内の温度や湿度が変化することで、カビ発生や食味の劣化が早まることを防止するため、容器のキャップの締付後の隙間を計測し、一定範囲外でキャップの締付が行われた商品を検出します。
 検出能力:0.065ミリメートル以上の締付不足の商品を検出
 処理能力:1,000本/分(最高)
 不透明な容器や飲料品等を対象に、製造ラインで使用している物質や容器等が破損して、容器内に異物が混入した商品を検出することで、商品の安全性をより高めます。
 検出能力:1×1×1ミリメートル以上の異物混入商品を検出
 処理能力:1,000本/分(最高)
ペットボトルキャップ締付検査装置
超音波内容物異物検査装置