HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

碧高分子工業株式会社
シリコーンゴムで明日の地球環境を考える
代表取締役 磯貝 純彦
447−0857
愛知県碧南市善明町3−94−1
0566−41−2636
0566−42−4578
http://village.infoweb.ne.jp/~fwkb2670/
fwkb2670@mb.infoweb.ne.jp
ゴム製品製造業
35名
お客様と一緒に商品開発に取り組む提案型企業です。
高い技術力と、現場から生まれるフレキシブルな発想を物作りに活かして、新用途、新製品開発に取り組み、シリコーンゴムの可能性を追求します。
いかなる要望にも対応します
広がるシリコーンゴムの活用方法
シリコーンチューブを自由に曲げ加工をしたもので、プレス加工品に比べ、パーティングラインが無いため、従来品でネックとなる亀裂や割れといった問題が発生しにくく、複雑な形状にも柔軟に対応できるので、配管のフレキシブルな接続が可能です。 ・自販機 ・浄水器 ・シャワートイレ等
・超低硬度シリコーンゴム(Hs2度相当品)
従来のゲル系素材のものとは全く異なり、金型による成形加工を可能にしました。
・オーディオ機器、ノートパソコン等の振動吸収材として…
高硬度シリコーンゴム(Hs90度相当品)
環境問題を考えプラスチックの代替品として利用範囲は広がります。
曲げチューブ
超低硬度シリコーンゴム