HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

明畠精機株式会社
社長が企業のコンダクターの精密加工技術集団
代表取締役 明畠 勝美
170−0001
東京都豊島区西巣鴨4−2−10
03−3910−4477
03−3916−8222
 
akehata@m14.alpha-net.jp
一般機械器具製造業
25名
1)汎用機からMCまで幅広い技術をこなす体制、2)SUSからエンプラまでどんな難材にも対処する体制、3)あらゆる試作品や要望に応えていく体制、ーーこれらの体制を社内に作り上げていくために、社長自らがその先頭に立ち各部門の指揮統制に当たっている。このなかで育まれた豊かな人的資源と技術力が同社の武器であり、コーディネータ企業への飛躍を目指す。
超精密加工技術の集積
IC基盤回路検査用コンタクトピン
宇宙ロケットでもたった1つのビスの緩みから打ち上げ不成功となる事がある。当社の精密機械部品は、ミクロン単位の超精密加工技術を駆使して製作される。これらは、医療器、通信・OA機器、分析機器、工業計器、ロボット、エレクトロニクス治工具など多方面の分野から高い信頼と評価を得ている。
ピンの先端にSK鋼調質焼き入れを施し、折れ難く曲りにくい安定性を確保している。本製品の特徴として、1)低価格、2)接触抵抗が低い、3)均一な品質、4)配線で半田付と圧着端子の両用が可能、5)ピンの交換が簡単、等があり注目を集めている。
医療器、通信・OA機器等部品
コンタクトピン(SKシリーズ)