HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

株式会社 山添製作所
究極の冷間圧造加工技術で顧客の最適調達に貢献
代表取締役社長 山添 治雄
333−0864
埼玉県川口市柳根町25−8
0480−68−5381
http://www.saitama-j.or.jp/~yamazoe/
ys001@saitama-j.or.jp
金属加工
60名
昭和29年に東京都北区にて創業。ステンレス圧造部品を手掛けてきたが、昭和38年に現川口営業所に工場を新設、昭和62年には加須工場を加え、増産体制を確立した。現在、中空リベット、特殊ねじなどの冷間圧造加工、転造加工、切削・プレスの二次加工まで手掛けているが、特徴は部品の設計段階から技術提案を行い、試作から量産加工まで対応、顧客の最適調達に貢献している点である。
究極工法によるコストダウン
情報化、品質向上、環境問題にも対応
頭付シャフトなどの部品は、通常の切削加工では、完成品を得るために、余分な原材料が必要になる。しかし、当社の冷間圧造加工による成型は大幅な素材の節約を実現、コストダウンに大きく貢献している。また、素材や部品の強度の向上、部品の小型化も達成、さらなるコストダウン、省資源化、工場の美化にもつながっている。
当社には東京北区(本社)、川口営業所、加須工場の3拠点があるが、これらはLANで結ばれ、リアルタイムな情報共有化が実現している。品質管理面でも、品質向上運動、QCサークル活動を通じ、常に顧客満足の向上に努めている。最近は、環境問題にも注目、ISO14001の認証取得を視野に入れた取り組みも行っている。
圧造製造ライン
川口営業所