HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

有限会社 新高応用化工
「Made in Iwate」の理想の介護用シャワーベッドを
10年の努力が実り実現、展望は無限
「製品がメッセージを送る」を体現した製品を中長期戦略に基づき開発
代表取締役 高橋 眞幸
021−0901
岩手県一関市真柴吉ケ沢10−6
0191−21−1646
0191−21−1390
 
s.ouyou@oregano.ocn.ne.jp
医療用装置製造業
16名
昭和61年、現会社を設立し、創業した。平成5年、独自に開発した介護用シャワーベッド第1号を製造・発売した。その後、改善、改良を重ね、順調に業績をあげている。その結果、現在、全国の病院や福祉施設など500ヶ所に納入した。
「需要を創る」と「岩手発」を標榜し、地域と一体の経営を目指している。
現在、ヒーリングシャワーは平成14年春の出荷を目標に、開発に取り組んでいるほか、平成15年春発売開始予定の新製品の開発にも着手している。
納入実績500台シャワーベッドのノウハウを集約し、
学官が連携し、開発中。
シャワーベッドは500台余りの納入実績がある。この実績を通し得られた製造上のノウハウのみならず、研究開発、販売戦略等あらゆるノウハウを活用し、現在、研究開発中である。研究開発にあたっては、医療分野における専門的知識と信頼に足る分析・実証が不可欠なため、医科系大学をはじめ「学」、「官」の協力・支援を得て進めている。
このヒーリングシャワーも「製品が顧客にメッセージを送る」のコンセプトのもと、開発される。
研究開発中のヒーリング(癒し)ベッド(イメージ図)