HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

千田精密工業株式会社
機械設備の充実と、「人財」の育成で多種少量の短納期精密加工を実現
そして、「F1」用レーシングカー部品の製造技術を誇る
代表取締役 千田 伏二夫
029−4202
本   社:岩手県胆沢郡前沢町白山字反畑7−3
大槌工場:岩手県上閉伊郡大槌町大槌第12地割1字柾内
本   社:0197−56−2464(代)
大槌工場:0193−42−2880
本   社:0197−56−2418
大槌工場:0193−42−2885
http://www.shokokai.com/maesawa/3kigyo/chidaseimitu/
chidaco@rnac.ne.jp
精密機械加工業
57名
積極的な設備投資により同業他社とは機械装備面で差別化を図っている。その結果、発注企業からの信頼は絶大なものがある。また、社長自ら新規受注に努め、業界全体が厳しい環境下、基調としては年々受注量が増加している。また、計画的に人材の育成にも努めている。
大槌工場は、釜石、大槌地域における共同受注グループの中核的企業として、同地域の企業を先導している。
多様な素材と複雑な形状の部品を精密加工
精密加工に必要な各種の金属工作機械はもとより検査・測定機器を装備することにより、多種少量受注に短納期で対応している。さらには「人財」の教育訓練も計画的に実施することにより「機械」と「人」が一体となった生産体制が確立されている。この基盤としては、早くから導入し改善を重ねた生産管理システムの存在も大きい。
当社の技術力を示す一例として、国際自動車レース「F1」のレーシングカー用気化器など重要部品も受注、製造している。
精密加工された各種の部品(例)