HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

正和電工株式会社
水を使わずに糞尿を無臭で処理する「バイオトイレ」
代表取締役 橘井 敏弘
078−8271
北海道旭川市工業団地1条1丁目
0166−39−7611
0166−39−7612
http://www.seiwa-denko.co.jp/
seiwa@iac.ne.jp
一般機械器具製造業
10名
第5回ホクレン夢大賞受賞
ニュービジネス大賞受賞
旭川しんきん産業振興奨励賞受賞
二十世紀は水洗トイレが文明のパロメーターだったが、二十一世紀はバイオトイレにし、有機物循環社会構築に貢献したい。                                                                                                                                                       
好気性菌で炭酸ガスと水に分解するトイレ
旭川市旭山動物園に設置されたバイオトイレ
おが屑を使った発酵装置で、水や薬品を使わず糞尿を微生物発酵させます。酸素を多く含む好気性の発酵になるため糞尿の臭気が分解され無臭になると共に、60℃以上の高温発酵になるため有害な菌が死滅し、水分も蒸発するため糞尿がさらさらした無臭のコンポストに変わります。
バイオトイレの技術を応用して、一般住宅用やペット用、船舶用、介護用の家具調トイレ、屋外用などを開発。水を使わないため給排水設備のない公園、キャンプ場、工事現場などに普及しています。へ伊勢k12年度富士山5合目の駐車場で公開実験を行い話題を集めました。写真は動物園公衆トイレにバイオトイレを設置したもので、いやなにおいがなく市民に好評です。
バイオトイレの設置図
イベント会場に設置した「バイオトイレ」