HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

ユニレックス株式会社
かけがえのない地球環境資源を未来への大切な財産として形にする
北海道のプラント設計・製品開発のベンチャー企業です
代表取締役 平岩 隆一
063−0834
北海道札幌市西区発寒14条14丁目2番45号
011−663−4701
011−663−4703
http://www.unirex-jp.com/
koby@pop17.odn.ne.jp
一般機械器具製造業
13名
創業ベンチャー国民フォーラム 地域振興賞受賞
第27回環境賞受賞
電子スモーク装置 Made in 札幌準グランプリ受賞
自然に対して謙虚さを忘れず、人との出会いを大切にすることがユニレックスの基本姿勢です。また、可能性に対するチャレンジ精神を持ち、世界で通用する独自の技術を実用化させること。そして、地球規模での環境問題を改善し、安心して暮らせる生活を次世代に引き継ぐことが、私たちの使命と考えています。
石炭にバイオマスを混ぜ圧縮造粒した燃料
常温・冷燻による短時間での燻製処理を実現
中国の炭鉱で産出された石炭は硫黄分が多く、二酸化硫黄(SO2)や粉じんの発生による環境への影響が懸念されています。発生する硫黄酸化物の量は、硫黄に換算すると年間約2000万トン、その3分の1は偏西風に乗って日本上空に流れ、酸性雨を降らせる原因になっているといわれています。バイオコールの技術を使うと、このような問題を一気に解決する可能性が高く、ユニレックスの技術が注目されています。
電子スモーク装置は、煙の粒子がマイナスの電気を帯びる性質を利用した技術です。例えば、タマゴにプラスに帯電させた電極の間におくと、タマゴの奥まで燻煙を短時間で浸透させることができます。これまで燻煙が難しかった、殻付きゆで卵の黄身までスモークを浸透させることができ、燻製独特の風味豊かな燻製タマゴを造ることもできるのです。半熟燻製タマゴ”スモッち”好評発売中。
バイオブリケットシステムフローチャート
電子スモーク装置USM-1A(特許取得)