HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

取引振興情報サイト J-NET21
取引をはじめるにあたって 下請取引上の留意点 下請取引関連法令 取引支援策等の概要 活力ある中小製造業等事例 下請取引関連サイト
ホーム取引振興情報サイト取引支援策等の概要技術革新・技術開発に取り組む > 産業技術実用化開発助成事業

技術革新・技術開発に取り組む

産業技術実用化開発助成事業

 新技術の実用化開発に取り組む事業者は実用化開発を行う際、経費の補助を受けることができます。

対象となる方
新たな市場や雇用の創出に資する社会的課題に対する実用化開発を行う民間企業等

施策の内容
科学技術基本計画における重点分野等の戦略的技術領域・課題に係る技術の実用化開発であって、以下の1〜4のいずれかに該当する事業

1.産業技術実用化開発助成事業
補助期間終了後3年以内で事業化できるテーマの実用化開発を対象とする。また、資本金300億円未満の企業を対象とする。

2.研究開発型ベンチャー技術開発助成事業(単独申請型)
研究開発型ベンチャー企業(単独申請)を対象とする。

3.研究開発型ベンチャー技術開発助成事業(コーディネータ参加コンソーシアム型)
コーディネータが参加する研究開発型ベンチャー企業群(2〜5社)を対象とする。

4.次世代戦略技術実用化開発助成事業
開発リスクがより高い革新的な技術シーズであって、補助期間終了後5年以内で事業化できるテーマの実用化開発を対象とする。

■補助金額1件あたり1億円/年 以下
(コンソーシアム型は1件あたり2億円/年 以下)
■補助率 補助対象経費の2/3または1/2
※I=1/2、II、III、IV=2/3


ご利用方法
・公募要領等
 公募要領・申請書様式等の詳細については、公募開始日にNEDO技術開発機構のホームページに掲載します。
・申請方法
 助成金交付申請書一式をNEDO技術開発機構研究開発推進部 実用化助成グループまで提出してください。
 郵送等でも受け付けますが、募集期間内に必着でお願い致します。


NEDO技術開発機構
研究開発推進部 実用化助成グループ
TEL:044-520-5173
URL:http://www.nedo.go.jp/
E-mail:jitsuyou@nedo.go.jp



↑このページの先頭に戻る
AdobeReaderダウンロードページへ
FLASHPLAYERダウンロードページへ