HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

取引振興情報サイト J-NET21
取引をはじめるにあたって 下請取引上の留意点 下請取引関連法令 取引支援策等の概要 活力ある中小製造業等事例 下請取引関連サイト
ホーム取引振興情報サイト取引支援策等の概要販路を開拓する > 官公需についての受注機会の増大のための支援

販路を開拓する

官公需についての受注機会の増大のための支援

 官公需についての中小企業者の受注の機会を増大するための措置が講じられています。
※官公需とは、国等(国及び公団・公庫等)における机、椅子の類から飛行機、船舶などの大規模な「物件」の調達や住宅団地の建設、ダムや道路の建設などの建築、土木の全般にわたる「工事」、さらには官公庁等の建物の清掃・コンピュータソフトの開発などの「役務」の発注です。

対象となる方
官公需の受注に意欲のある中小企業者及び事業協同組合等

施策の内容
種類が豊富で金額もかなりの額(平成16年度見込額9兆8,484億円)にのぼる官公需の発注について、中小企業者の受注機会を増大するため様々な施策が実施されている。代表的な施策は次の通り。

1.情報提供
国等の発注情報等について、各省庁のホームページにおいて情報収集ができる。
また、全国中小企業団体中央会のホームページにおいても国等から提供された官公需の発注情報等を得ることができるとともに、各省庁のホームページの発注情報に関する掲示板にリンクがはられており、併せて利用できる。

2.官公需適格組合
事業協同組合等の中で特に官公需の受注に対し意欲的であり、かつ、受注した契約は十分に責任をもって実施し得る組合であることを証明する『官公需適格組合制度』が設けられている。官公需適格組合は競争契約参加資格審査に当たって、総合点数の算定方法に関する特例が受けられる。

3.このほか、地元中小企業者等の活用、技術力のある中小企業者に対する受注機会の拡大などの支援が受けられる。



ご利用方法
官公需を受注するための手続においては、事前に競争参加資格を得ることが必要です。


・中小企業庁事業環境部取引課 TEL:03-3501-1511(代)
・各経済産業局中小企業課
・全国・都道府県中小企業団体中央会 URL:http://www.chuokai.or.jp/



↑このページの先頭に戻る
AdobeReaderダウンロードページへ
FLASHPLAYERダウンロードページへ