HOME > 経営を良くする > 取引振興情報サイト

取引振興情報サイト J-NET21
取引をはじめるにあたって 下請取引上の留意点 取引関連法令 下請取引支援策等の概要 活力ある中小製造業等事例 下請取引関連サイト
取引関連法令
ホーム取引振興情報サイト取引関連法令下請代金法に関するQ&A > (3)親事業者の禁止事項に関するQ&A - 早期決済の禁止に関するQ&A

下請代金法に関するQ&A

(3)親事業者の禁止事項に関するQ&A
  早期決済の禁止に関するQ&A

 

Q24

下請事業者の希望により親事業者が下請事業者に代わって金や銀の貴金属を調達したときには、直ちに決済してもよいですか。ただし、この調達分には下請事業者が独自に使用する分も含まれています。
Q25 物品の製造に必要な原材料を下請事業者に有償支給したときに、この代金に相当する額の手形を振り出させることは問題ないですか。



Q24

 下請事業者の希望により親事業者が下請事業者に代わって金や銀の貴金属を調達したときには、直ちに決済してもよいですか。ただし、この調達分には下請事業者が独自に使用する分も含まれています。
A24  下請事業者の希望により下請事業者に代わって親事業者か原材料等を調達した場合であっても、下請事業者の給付に必要な分については早期決済は禁止されます。
 なお、下請事業者か独自に使用する分は下請取引と関係がないので、その分については本法は適用されません。



Q25

 物品の製造に必要な原材料を下請事業者に有償支給したときに、この代金に相当する額の手形を振り出させることは問題ないですか。
A25

 下請代金法は、当該原材料等を用いる給付に対する下請代金の支払期日より早い時期に、支払うべき下請代金の額から当該原材料等の対価の全部もしくは一部を控除し、又は当該原材料等の対価の全部又は一部を支払わせることを禁止しており、現金で支払わせることのみならず、手形を交付させることも禁止されています。




↑このページの先頭に戻る
AdobeReaderダウンロードページへ
FLASHPLAYERダウンロードページへ