知れば納得!すぐに使える! 小売・流通業の新常識

流通業界用語集

小売業態基本用語集

業態基本用語

アップスケールSM

標準SMに対してMDの専門度を上げたスーパーのこと。売価は標準SMと同等だが商品のプレゼンテーションや品質をアップさせていることが特徴。

ウエアハウス・ストア

食品主力の倉庫型スーパーマーケット。売場面積3000〜8000m2とSMより広いが品目は3000〜5000品目と少ない。

Aコープ

農協が出店する小売店。アグリカルチャーのAをとり、Aコープといわれる。

ファストファッション・ショップ

流行や季節性に対応し、商品開発のスピードを上げたアパレルチェーン。ロスをなくし、安い価格帯で提供する。

生協(コープ)

消費生活協同組合のこと。組合員が資金を出し合い、商品の購買などの事業を運営・利用する組織。

CVS(コンビニエンスストア)

日常生活に必要な食品、非食品を販売する生活便利店。売場面積は30坪が標準で扱い品目は約3000。

コンビネーションストア

売場面積4000〜5000m2のスーパーマーケットのこと。SMとスーパー・ドラッグストアとコーヒーショップを結合した業態のこと。

GMS(ゼネラルマーチャンダイズ・ストア)

衣料品から家電、日用雑貨などを総合的に扱う大型店。日本のGMSは食品まで扱い、アメリカのGMSとは別の業態。

スーパーセンター

ディスカウントストアとSSMを組み合わせた新タイプ店舗。ウォルマートスーパーセンターの売場面積は1万m2強。

スーパー・ドラッグストア

大型のドラッグストア。売場面積は1000m2(約300坪)を超える。現在、日本でも郊外を中心に急増中。

SM(スーパーマーケット)

日本ではセルフサービス方式の総合食料品店で年商規模が1億円以上の店。アメリカでは売場面積1000〜1500m2、年商200万ドル以上。

SSM(スーパー・スーパーマーケット)

売場面積約1700〜3000m2の大型スーパーマーケット。食品および雑貨を強化した売場構成となっている。

生鮮特化型スーパー

生鮮三品、日配、総菜を強化したスーパー。加工食品や菓子などは平場で展開。売場面積は1000m2前後。

総合スーパー

大手チェーンが展開するGMSタイプの大型スーパー。食品から衣料品、雑貨まで何でもあるので総合スーパーといわれる。

ディスカウントSM

価格訴求を強化した、ディスカウントタイプのスーパーマーケット。フルラインの品揃えで、EDLPを前面に出すことが多い。

デパートメントストア

百貨店のこと。衣料品を中心に服飾雑貨やインテリア、化粧品などを高利幅で売る店舗。売場面積は2万〜5万m2と大型。日本では10万m2を超える大型店もある。

都市型小型スーパー

大都市中心部で開発が進んでいる小型スーパー。人口の大都市回帰により現在急増中。売場面積は500m2前後。

スペシャライズド・スーパー

標準型のアソートメントSMではなく、生鮮食品をはじめ、特定カテゴリーに特化したスーパーマーケット。消費者の成熟化とともに増加傾向にある。

ハイパーマーケット

売場面積1万m2を超える大型店。ヨーロッパで開発された。フランスのカルフールが代表。粗利益率が10%台と低いのが特徴。

DS(ディスカウントストア)

GMSの品揃えを、さらに大衆・実用品だけに絞った大型セルフサービス店。売場面積は7000〜1万2000m2と大型。日本ではあまり定着していない。

HC(ホームセンター)

住居づくりとメンテナンスに必要なハードグッズを主力に、非食品を集積している店舗。売場面積は大型化し、1万m2を超える店舗が登場している。

ホールセールクラブ

倉庫などを利用して、特定の会員に食品から耐久消費財まで超割安価格で販売する1万m2強の大型店。

リサイクルショップ

中古品を再販する新しいタイプの店舗。ブックオフ、ハードオフなどがその代表例。

ワンプライスショップ

100円ショップなどに代表される、価格が1種類だけのショップ。雑貨中心のほか、99円スーパーなども登場している。

 流通業界用語集 一覧へ

 小売・流通業の新常識 TOPへ