知れば納得!すぐに使える! 小売・流通業の新常識

連載記事

できる店長の仕事術

店舗は店長によって変わるといわれます。
しかし、優れた店長とは、どういったスキルによって、どのような成果を生み出す人材なのでしょうか。
今、現場において高いパフォーマンスを発揮し、大きな利益をもたらしている店長の仕事術をひも解きながら、次代を担う店長の発掘・育成のヒントを探ります。

40年間黒字経営を続ける名物店長の秘密は、棚作りにあり−福島屋 第4回 | 40年間黒字経営を続ける名物店長の秘密は、棚作りにあり−福島屋
2011年3月8日更新
組織の成長に合わせた指揮官の指示とは−イズミヤ 阪急西宮ガーデンズ 第3回 | 組織の成長に合わせた指揮官の指示とは−イズミヤ 阪急西宮ガーデンズ
2011年1月12日更新
協力するチームづくりに必要な店長の言葉-ドン・キホーテ 中目黒本店 第2回 | 協力するチームづくりに必要な店長の言葉-ドン・キホーテ 中目黒本店
2010年11月11日更新
9ヵ月連続増収、静岡パルコのビジネスにおける「視力」 第1回 | 9ヵ月連続増収、静岡パルコのビジネスにおける「視力」
2010年10月20日更新

著者プロフィール

江口陽子(えぐち・ようこ)

経済ジャーナリスト。東京理科大学工学部経営工学科卒業後、大手電機メーカーに入社。情報通信事業部門にて開発プロジェクトを多数経験。退職後、ジャーナリストとして独立し、ビジネス系のウェブサイトを中心に執筆活動を続ける。2008年イー・フラットを設立。

店が変わる! 成功する手書きPOPの設計図

コストがかからず、手軽に作れるPOPは、小売店の強い味方。
そのPOPに、最近、変化が見られます。
今、商品を「売る」のは、手書きのPOP。
しかも、書き方次第で、商品の売れ行きに大きな差がつきます。
売れるPOPと、売れないPOPの違いはどこにあるのか?
お店の雰囲気までガラリとかえる、効果絶大の手書POPの極意を、サンプルを見せながら伝授します。

POPづくり・売場づくりを通じた従業員モチベーションUP法 第7回 | POPづくり・売場づくりを通じた従業員モチベーションUP法
2011年2月23日更新
POPノウハウの活用で書ける、当たる手書きチラシ 第6回 | POPノウハウの活用で書ける、当たる手書きチラシ
2011年2月4日更新
自店の客層にあわせたPOP 第5回 | 自店の客層にあわせたPOP
2011年1月19日更新
小売業だけではない!サービス業でも活躍する手書きPOP 第4回 | 小売業だけではない!サービス業でも活躍する手書きPOP
2010年11月18日更新
モノではなく「人」と「コト」で魅せる、次世代型POPの成功例 第3回 | モノではなく「人」と「コト」で魅せる、次世代型POPの成功例
2010年10月28日更新
売れるPOPと売れないPOP 第2回 | 売れるPOPと売れないPOP
2010年10月1日更新
なぜ今手書きPOPが注目されるのか?POPの役割と重要性 第1回 | なぜ今手書きPOPが注目されるのか?POPの役割と重要性
2010年9月21日更新

著者プロフィール

今野 良香(こんの りょうか)

船井総合研究所コンサルタント。成蹊大学経済学部卒業後、船井総合研究所に入社。食品製品小売業のコンサルティングに従事し、「手書きPOP」と「売り場づくり」による短期間・ローコスト・リニューアルで業績アップを実現してきた。POPおよび売り場づくりの研修も行う。著書に『誰でもすぐにつくれる!売れる「手書きPOP」のルール』など。

お手本にしたい繁盛店

モノが売れない時代でも、「繁盛している」店がある。
小さくとも活気に満ちて、地域でも客足が途切れない店の「繁盛」の秘訣は何なのか?
現場の徹底取材で明らかになったのは、ちょっとした工夫や発想の転換で生まれた「売れる」ための独自の戦略。
あなたの店で、明日からでも始められるアイデアやヒントが満載です。

生きる差別化、死ぬ差別化−讃岐うどん専門チェーンを展開するトリドール 生きる差別化、死ぬ差別化−讃岐うどん専門チェーンを展開するトリドール
2010年7月29日更新
スタッフの能力を引き出した社長の「学び」−水上 なかや旅館のミーティング スタッフの能力を引き出した社長の「学び」−水上 なかや旅館のミーティング
2010年7月15日更新
企業の寿命を延ばすには新陳代謝が必要−VMDを導入したバラエティショップ 企業の寿命を延ばすには新陳代謝が必要−VMDを導入したバラエティショップ
2010年7月8日更新
突き進むための情熱と、突き進み続けるための戦略 突き進むための情熱と、突き進み続けるための戦略
2010年7月1日更新
新しい価値は辺境から生まれる−タミヤプラモデルファクトリーの店づくり 新しい価値は辺境から生まれる−タミヤプラモデルファクトリーの店づくり
2010年6月24日更新
小資金で差別化につながるオリジナル商品を開発する方法 小資金で差別化につながるオリジナル商品を開発する方法
2010年6月17日更新
戦わずして勝つ−小商圏で勝負をかけたホームセンター、コメリ 戦わずして勝つ−小商圏で勝負をかけたホームセンター、コメリ
2010年6月10日更新
小さい会社による、大きい会社の“使い方” 小さい会社による、大きい会社の“使い方”
2010年6月3日更新
衰退期の生き残り戦略 −着物リサイクルショップ「たんす屋」の誕生− 衰退期の生き残り戦略 −着物リサイクルショップ「たんす屋」の誕生−
2010年5月27日更新
アイデアが店の強みに変わるまで −カーテン館「窓」はなぜ圧倒的な成約率を維持できるのか− アイデアが店の強みに変わるまで −カーテン館「窓」はなぜ圧倒的な成約率を維持できるのか−
2010年5月20日更新
損して得取れ −でんかのヤマグチがはじいたソロバン− 損して得取れ −でんかのヤマグチがはじいたソロバン−
2010年5月13日更新
顧客の声を集めても顧客志向の売り場は実現しない −「枕工房」ロフテーの売り方− 顧客の声を集めても顧客志向の売り場は実現しない −「枕工房」ロフテーの売り方−
2010年5月6日更新
天才経営者のセンスをどう受け継ぐか −スポーツ自転車専門店ワイズロードの試み−− 天才経営者のセンスをどう受け継ぐか −スポーツ自転車専門店ワイズロードの試み−
2010年4月30日更新
普通の店を特別な店にした店主の選択 −杉山フルーツ− 普通の店を特別な店にした店主の選択 −杉山フルーツ−
2010年4月22日更新
売ろうとしないことで「売り」に繋げる −倉敷 平翠軒− 売ろうとしないことで「売り」に繋げる −倉敷 平翠軒−
2010年4月13日更新
モノが売れない時代に何を売るか−サトーカメラの選択− モノが売れない時代に何を売るか−サトーカメラの選択−
2010年4月6日更新

著者プロフィール

江口陽子(えぐち・ようこ)

経済ジャーナリスト。東京理科大学工学部経営工学科卒業後、大手電機メーカーに入社。情報通信事業部門にて開発プロジェクトを多数経験。退職後、ジャーナリストとして独立し、ビジネス系のウェブサイトを中心に執筆活動を続ける。2008年イー・フラットを設立。

そこで差がつくニュースの読み方

「カンケーない」が大間違い!
巷に溢れるニュースのなかから、流通業や小売業に大きな影響をもたらすと思われるニュースに注目し、現場のビジネスにどうつながるのか、どう対処すればいいのかなどを解説していきます。関係ないと思っているニュースにこそビジネスのヒントが隠れています。

最終回 | どうすれば、普通の商品で他社との差別化が図れるのか
2010年7月20日更新
第14回 | 小商圏だから優位に立てる人材育成の土壌
2010年7月13日更新
第13回 | レジの無人化がもたらすビジネスチャンス
2010年7月6日更新
第12回 | 一部の人にしか売れない商品をヒット商品に変える工夫
2010年6月29日更新
第11回 | 「三方よし」が売れ残り品の新しい可能性を生む
2010年6月24日更新
第10回 | 値下げだけで動かなくなった消費者の動かし方
2010年6月15日更新
第9回 | 人気ブランド復活には消費者のこんな願望が潜んでいる!?
2010年6月8日更新
第8回 | 企業間の競争を自社の利益につなげる方法
2010年6月1日更新
第7回 | 閉そく感が漂う職場から画期的なアイデアを生みだす方法
2010年5月25日更新
第6回 | 2000億円のエコビジネスと売れ残りの商品をつなぐもの
2010年5月18日更新
第5回 | エコポイント制度にみる有効なインセンティブの作り方
2010年5月12日更新
第4回 | 損を取ってまで店が守るべきもの
2010年5月6日更新
第3回 | ミスタードーナツとモスバーガーの共同出店に見る“コラボ”の新しい潮流
2010年4月27日更新
第2回 | ゴールデンウィークが示す消費者の変化
2010年4月20日更新
第1回 | 出店攻勢の激化が予想される食品スーパーの示唆
2010年4月6日更新

著者プロフィール

江口陽子(えぐち・ようこ)

経済ジャーナリスト。東京理科大学工学部経営工学科卒業後、大手電機メーカーに入社。情報通信事業部門にて開発プロジェクトを多数経験。退職後、ジャーナリストとして独立し、ビジネス系のウェブサイトを中心に執筆活動を続ける。2008年イー・フラットを設立。