ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS指令

電子・電気部品に関する欧州の環境規制(RoHS指令)について紹介

Q
韓国2008年7月1日更新
Q.117 「韓国RoHS法」はいつ頃に施行なるのでしょうか?また、対象品にEU RoHS指令のCat8(医療機器)やCat9(監視測定機器)は含まれるのでしょうか?

韓国RoHS法の正式名称は「電気・電子製品および自動車の資源循環に関する法律 6章46条」です。2007年4月27日に公布され、12月28日に大統領令(37条別表8)および施行規則(20条書式28)が公布(注1)されて、具体的な義務が明確になりました。

有害物質含有制限は、以下のように段階的に適用されます。

新たな型式の電気電子製品は2008年7月1日から適用されます。2008年7月1日以前から販売されている製品で、2008年7月1日移行も販売する場合は、2011年1月1日まで適用が延長されます。この延長適用を受けた製品の修理部品は除外される特例があります。

除外はEU RoHS指令の除外とほぼ同じですが、はんだの鉛の除外など微妙に異なる部分があります。

制定の背景は、EUなどの先進国が製品の設計段階から廃棄段階までの製品のライフサイクルの全般を考慮した統合製品政策(IPP:Integrated Product Policy )に転換していること、特に消費量が急増し、重金属などの有害物質が含まれている電気・電子製品および自動車に対するリサイクル政策を強化していることがあります。

電気・電子製品および自動車について、設計段階でリサイクル性、有害物質の使用を制限して、廃棄段階では適正にリサイクルできるようにライフサイクル全般を管理することが目的としています。

しかし、法の目的は、廃電気・電子製品と廃自動車の適切な回収、リサイクルによる資源の効率的利用で、対象が広範囲であり整備に手間取っていると言われています。

規制内容は、電気・電子製品および自動車の製造者などは、大統領令で定められた製品に対し、環境破壊を減少しリサイクルが容易になるよう、次の事項を遵守しなければならないとしています。

  1. 特定有害物質の種類および含有濃度(対象はEU RoHS指令と同じ6物質)
  2. リサイクルが容易な材質の使用、材質の単純化、材質情報の表示など
  3. リサイクル可能率

用語の定義では、電気電・子製品とは「電流や電子機器によって作動する機械、器具(その製品に使用されている部品も含む)」として、幅広くなっていますが、正式な品目は大統領令により、電気・電子機器の対象は次のように公布されています。

  1. テレビ
  2. 冷蔵庫
  3. 家庭用洗濯機
  4. エアコン
  5. パソコン
  6. オーディオ(携帯用は除く)
  7. 携帯電話端末
  8. プリンター
  9. コピー機
  10. ファクシミリ

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク