ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS指令

電子・電気部品に関する欧州の環境規制(RoHS指令)について紹介

Q
その他2008年7月1日更新
Q.101 半導体事業部の製品(外形□3mm、微小めっき付き)に応用できる、簡易的で、なおかつ高精度な分析手法に関する情報はありませんか?

ご質問は製品の微小めっきの簡易的な分析方法についてのご確認として、以下に回答を記載します。

鉛、カドミウム、6価クロムのいずれのめっきの場合も簡易的に分析法として、蛍光X線分析が適用可能です。この分析法は非破壊で比較的に手軽に、しかも定量測定ができます。
 ただし、この分析法は元素単位の測定値となりますので、6価クロムめっきについては、蛍光X線分析結果は当該めっきに含有されているクロム総量となります。

この分析結果が、明らかにRoHS指令の最大許容濃度を超えて含有している場合、もしくはかなりの余裕をもって最大許容濃度を下回っている場合には、蛍光X線分析での測定だけでRoHS適合かどうかの判定できます。
 すなわち、最大許容濃度をあきらかにオーバーしている場合は、RoHS不適合でEUへの出荷はできません。

逆に、明らかに最大許容濃度を下回っている場合は、RoHS適合品と判断できます。
 どちらともとれるようなグレイゾーンの場合は、公定法による破壊検査を行い、さらに分析を行う必要があります。
 なお、関連してQ&A58Q&A59Q&87も併せてご覧ください。

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク