本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:その他

RoHS検索

Q.58
RoHS規制対象物質の含有量測定方法についてお尋ねします。
1.蛍光X線分析によりスクリーニングし、含有量がグレーの場合は『精密分析』が必要と聞いていますが、どのように分析するのでしょうか?また、『精密分析』には多くの時間と費用を要すると聞いていますが迅速に行える分析方法はないでしょうか?
2.非含有証明を出す場合、『精密分析』を省略できるような簡便な対応方法があれば教えてください。

A.58

一般的な測定フローを図1に示します(「よく分かるWEEE&RoHS指令とグリーン調達」、日刊工業新聞社刊を参考に作成した)。

IEC62321やJ-MOSSでは蛍光X線分析でスクリーンし、必要な場合は『精密分析』で定量することになっています。蛍光X線分析で、Pb、Cd、Hg、トータル臭素、クロムが検出されないか、明らかに許容濃度以下であれば、それで分析は終らせる方式です。

対象6物質ごとの『精密分析』法には以下のような方法があります。

いずれの方法もサンプル (均質材料) を定められた前処理を行った後に、分析・定量化を行います。いずれの方法も、分析にかける溶液の調製に時間がかかります。

  • 6価クロム:吸光光度分析 → 熱水を用いてサンプル (均質材料)から6価クロムを抽出して、ジフェニルカルバジル法により6価クロムを発色させ、吸光光度分析を行い定量します。
  • Cd、Pb、Hg:ICP発光分光分析 → サンプル (均質材料)を酸分解させ、ICP発光分光分析にかけ、定量分析をします。
  • PBB、PBDE:ガスクロマトグラフ質量分析(GC-MS):サンプルのプラスチックが有機溶剤に可溶であれば、その溶剤に溶解させて、溶液からプラスチックを沈殿法などで分別後、GC-MSで分析定量します。溶剤に溶けないプラスチック配線基板などはソックスレー法でPBB、PBDEを抽出し、GC-MSで分析定量します。

迅速分析法については、個々の企業さまの対応は確認できておりません。

客観的データの裏打ちはありませんが、いろいろな場でのお話をお聞きしたところではそれぞれご苦労をされております。IEC62321の方法だけではないことも確かです(手間隙がたいへんということもあって)。

迅速簡便な測定方法としては、例えば「一滴抽出法」(三菱電機)や、「IAMS(Ion Attachment Mass Spectrometry)」(キャノンアネルバテクニクス)などが考案されています。「一滴抽出法」では、試験片を少量の溶剤で抽出し、TOF-SIMS (Time of Flight-Secondary Ion Mass Spectrometry) で測定します。6価Cr, PBB、PBDE等臭素慶難燃剤を1時間以内で分析ができると報告されています。一方「IAMS」方法では、試験片を直接分析にかけることができ、臭素系難燃剤の定量を15分程度でできるとされています。ラマン法は、学会発表がされ注目を集めてはいますが、普及はこれからかと思います。

非含有証明を出す場合の『精密分析』を省略できる方法としては、一例として、蛍光X線分析のデータとサプライヤーの工程管理や2者監査などの傍証を含めて判断するのが、よいのではと思います。

なお、JEITA (社団法人電子情報技術協会)では経済経済省の支援を受けて、会員企業向けに汎用電子部品のDBを作成して公開しています。登録件数は約20万品目と聞いており、現在さらに拡充しています。汎用電子部品を使用されている場合には、当該DBを活用することにより、『精密分析』を省略できる可能性があります。
http://www.green-components.com/eiparts_p/Login

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ