ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS指令

電子・電気部品に関する欧州の環境規制(RoHS指令)について紹介

Q
EU2008年7月1日更新
Q.81 製品をEUに持ち込み、また持ち帰る場合はRoHS指令の対象除外となりますか。

RoHS指令は上市された電気・電子機器に適用されます。

「上市」については、RoHS指令では定義されていませんが、EU内での使用、もしくは流通を目的として入手可能な形で初めて製品をEU市場に出すこととされています。詳細は、Q&A15を参照ください。

また、2006年8月更新版のFAQの2.2では、次のような場合は上市には当たらないと説明されています。

  • 例えば、アッセンブル、包装、処理またはラベリングなどの次工程のために製造者へ移動する場合
  • 税関検査のために、例えば、移送中、倉庫保管中、または臨時輸入中、あるいは、自由地区にある場合
  • 製造業者、あるいはEUの代理業者の在庫で、まだ、入手できない状態の場合

また、EuP指令の第6条3項によりますと、関連する条例に適合させるまでは上市しないことを認識できるように表示すれば、EuP指令に適合していなくても、EuPを見本市などで展示できることになっています。

ご質問がEUで販売することなく、単に製品をEUに持ち込み、持ち帰る場合ですと、RoHS指令は適用されないとと考えてよいと判断します。しかし、状況によっては、解釈がずれているかもしれませんので、正確には関係当局にご確認ください。

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク