本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:EU

RoHS検索

Q.71
WEEE指令、RoHS指令以外に、EUでの電気・電子機器に関する指令にはどのようなものがありますか?

A.71

電気・電子機器にかかわる指令をあげます。

1.「家電製品のエネルギーならびにその他の資源の消費に関するラベルおよび標準的 製品情報の表示に関する指令(Council Directive92/75/EEC)」

ユーザーに使用段階でのエネルギー効率に関する情報を提供する、EU共通のエネルギー効率ラベル表示が義務付けらル指令です。この指令に基づいて、電気冷蔵庫・冷凍庫、電気オーブン、エアコン、照明器具、食器洗い機、洗濯乾燥機、電気乾燥機に、それぞれの指令が出されています。

  • 電気冷蔵庫・冷凍庫:指令2003/36/EC、指令94/2/EC
  • 電気オーブン:指令2002/40/EC
  • エアコン:指令2002/31/EC
  • 照明器具:指令98/11/EC
  • 食器洗い機:指令97/17/EC
  • 洗濯乾燥機:指令96/60/EC
  • 電気乾燥機:指令95/13/EC

2.エネルギー効率最低基準に関する指令

家電製品については次の2件の指令があります。

  • 蛍光灯の安定器のエネルギー効率要求基準に関する指令(指令2000/55/EC)
  • 電気冷蔵庫・冷凍庫・冷蔵 冷凍庫のエネルギー効率要求基準に関する指令(指令96/57/EC)

3.エネルギー使用製品のエコデザインに関する枠組指令(通称 EUP指令、指令2005/32/EC)

上記2のエネルギー効率最低基準に関する指令を改正して、統合製品政策(IPP)の原則を適用して、電気・電子機器や暖房器具などのエネルギー消費型製品を対象として、IPPの原則を適用して、製品設計に環境的側面を系統的に組み込み、製品のライフサイクル全体の環境パフォーマンスを向上させることを狙って、エコデザインに関する枠組指令です。
 EU全体でエコデザインの統一ルールを決め、加盟国間での相違が域内貿易の障害とならないようにすることを目的にしています。加盟国は2007年8月11日以前に、同指令を国内法として整備することが求められています。

4.ニューアプローチ指令

EUでは、加盟国間の障壁を取り除き、製品の安全性と品質に関する規制を統一して、製品の域内の円滑な流通させる目的で、1985年に理事会決議「技術的調和と基準に関するニューアプローチ」が採択されました。これに基づいて、具体的な製品分野や特性分野別に満たすべき必須要求基準を設けたEU指令が順次定められています。これらの指令を、「ニューアプローチ指令」と呼んでいます。電気電子機器に関連する「ニューアプローチ指令」には、下記のものがあります。この指令が適用される製品には、CEマークの貼付が必要です。

  • 低電圧指令:指令93/68/EEC、指令73/23/EEC,
  • EMC指令:指令2004/108/EC、指令93/68/EEC、指令92/31/EEC、指令82/336/EEC
  • ラジオ・通信端末機器指令:指令99/5/EC

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ