本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:EU

RoHS検索

Q.51
RoHS指令では禁止物質が6つに限定されています。顧客から含有制限物質として「ノンハロ」が言われます。「ノンハロ」とRoHS指令と関係するのでしょうか。ノンハロとはどういう意味なのでしょうか。例えば、プリント基板に使用する臭素系難燃剤のことを意味するのでしょうか。
WEEE指令の付属書IIに特別処理するものとして臭素系難燃剤とあります。これを対象としているのでしょうか。

A.51

ご質問の「ノンハロ」には、一般的には臭素フリーと塩素フリーの2つの意味があります。

1.臭素フリー

プリント基板などに臭素系難燃剤が使われています。
 臭素系難燃剤の中で、規制されるのはPBBやPBDEで、TBBPAは規制対象外です。
 PBDEでも10-BDE(DecaBDE)は2005年10月25日に除外が決定されていました。

PBD、PBDEは76/769/EEC(危険な物質および調剤の上市と使用の制限に関する指令)において、1,000ppm以下に規制されています。RoHS指令の規制は上記の76/769/EECと整合が図られていると言えます。

臭素系難燃剤の分析は一般的にGC-MSで行います。GC-MSですと、PBDEかTBBPAなのか、10-BDEかどうかなどが精密に分析できます。ただ、プラスチック中のBDE分析の前処理は非常に手間と時間がかかります。また、分析機関に依頼しても費用は高額になります。

最近RoHS順法スクリーニング測定器として蛍光X線装置が多用されています。蛍光X線分析装置では分子構造は分からないものの全臭素量は分かります。
 もし、蛍光X線装置の測定で、トータル臭素がゼロであれば、PBDEもないことになります。
 このように分析に手間隙がかかることやWEEEの付属書IIにおいて臭素系難燃剤を含有するフラスチックが分離回収対象に指定されたこともあり、臭素を入れない難燃剤が浮上してきています。
 前記しましたが、Deca -BDEについて最近動きがありました。2005年10月15日にDeca-BDEの除外は官報で告示されましたが、2008年4月1日に欧州裁判所から、この除外適用を取り消す判決が出されました。2008年7月1日以降上市する製品にはDeca-BDEを含めて、PBDEは使えないことになります。

2.塩素フリー

これは塩ビの使用を止めるものです。包装材などの対応しやすいところから塩ビの使用を削減しています。

日本の企業のグリーン調達基準でも使用禁止が出てきています。
 背景は、指令になっていませんが、EUの塩ビの使用を削減する白書が出されていることに由来します。塩ビの焼却時に問題があるので禁止が検討されています。
 また、包装材規制でもリサクル問題として塩ビが指摘されています。早晩、塩ビ使用禁止指令が出ると見込んでのことです。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ