本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:中国

RoHS検索

Q.123
当社は大型の生産設備を製造しています。大型ですので、輸送できる大きさに分解して、出荷しています。この場合、中国RoHSでは、下記の点はどのようになるでしょうか?
1.含有物質の表示はシステムに1箇所でいいのか、あるいは、梱包ロット毎(梱包木箱毎)でしょうか?
2.また、表示をするフォームは決まっているのでしょうか。それとも任意でいいのでしょうか?
3.表示は含有有害物質の含有量までも表示しなければならないでしょうか?

A.123

ご質問の製品がイメージできていませんので多少一般論でお答えします。

第13条の製品に関する表示義務は、製品単位での表示となります。例えば、ディスクパソコンですと本体、ディスプレイ、キーボード、マウスなどが一式で、それを組み合わせて使用します。この場合、表示は本体に表示します。キーボードやマウスは不要です。ただ、マウスなどを単体で販売する場合は、表示義務はあります。

設備製品の場合、複数の製品をラインで結ぶ生産ラインを受注し販売する場合があります。この場合、どこまでが一式なのかグレーの部分があります。基本的に単体販売をすることも意図している製品は、その製品単位で表示するのが無難です。明らかに、装置の付属ユニットは一式の構成にしてよいと思います。

表示の基準はSJ/T 11364-2006(電子情報製品汚染制御の表示に関する要求)で決められています。マークは次からダウンロードできます。中国語のサイトですが迷うような複雑な表現はありません。ただ、圧縮されていますので解凍ソフトと解凍後に表示するソフトが必要です。
http://www.miit.gov.cn/art/2006/12/04/art_4371_40748.html
標準の英語版は、http://www.chinarohs.com/からダウンロードできます。

第13条では、「有毒有害物質または元素の名称、含有量」を記載することが要求されています。表示に関してはSJ/T 11364-2006で標準化されています。表示のフォーマットは、6.2.1項の表に示されています。

6.2.2項の表示要求に従い、表のフォーマットに、最大許容濃度(カドミウム 0.01wt% 他0.1wt%)以下であれば○、超える場合は×マークを入れます(J-Mossの表示と同じ考え方です)。
用いる文字記号や文字の高さは、1.8mmを下回ってはなりません。表は取扱説明書に入れます。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ