本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:中国

RoHS検索

Q.119
中国版RoHSのラベルに表示する環境保護使用期限についてお教え下さい。当社製品は最終製品でありませんが、客先から環境保護使用期限を示すよう要求されております。部品に対する環境保護使用期限をどう定めるべきでしょうか。現状では、客先が最終製品に定めた年数と同じ年数でもって対応しています。

A.119

中国情報産業部の中国版RoHSのFAQでの、環境保護使用期限について次のように説明しています(なお、中国版RoHSでは、「保使用期限」と記載されていますが、ここでは「環境保護使用期限」を用います)。

電子情報製品の環境保護使用期限は、製品中に含まれる有毒有害物質または元素が外部に漏れたり、変化をして、人体や財産に深刻な損害を及ぼさない、環境保護という観点で安全に使用できる期限を意味する。電気的性能や電磁的面での安全性から決まる安全使用期限と同じものではない。環境保護使用期限は、安全使用期限より短くなることも、長くなることもあり得る。環境保護使用期限は正常な環境下でのものであって、極端な環境下でのものではない。企業自身は自社製品についての知見をもっているので、環境保護使用期限は自ら制定することになっている。政府による審査と承認を受ける必要はない。

中国には、ほぼすべての情報産業製品を網羅して、数十の業界団体がある。各団体は自己の業界の製品に用いられる平均的な技術について比較的明確に把握している。特定の企業を代弁することなく、業界全体を代表するものであるから、業界団体は、業界における製品の環境保護使用期限について、一定の科学性と客観性をもって先導的にまとめることができる。情報産業部は、業界全体の状況を把握し、管理監督するために、業界が制定した環境保護使用期限を届けるように奨励している。

製品に環境保護使用期限が異なる部品が使われている場合は、使われている部品の最短の環境保護使用期限に拠るべきである。しかし、この部品が交換部品の場合は、これを除いて環境保護使用期限を計算することができる。

具体的には、中国電子技術標準化研究所(中国子技准化研究所)を中心に、「電子情報製品環境保護使用期限通則(子信息保使用期限通)」で環境保護使用期限の求め方の標準化が進められていますが、現時点(2007年4月10日)、正式に公布されたか確認できていません。最終審査稿は、指導技術文書とされて、強制力のある標準ではないようです。また、代表的な電子情報製品の平均的な環境保護使用期限が例示されています。

環境保護使用期限は、10年までは、1、2、3…と1年きざみで、10年以上は5年きざみの年数で表示します。

今までに入手した情報では、下記のような方法があげられています。

1.技術型環境保護使用期限:実践的または科学的な試験技術的手段がある場合

正常な使用状態で含有有毒有害物質が漏洩の事故例

  • 発生した場合(実践法):5台(回)以上になった場合、最短年数の整数を取る。
  • 発生しない場合(試験法):指定方法および試験技術で算出。

2.概念型環境保護使用期限:実践法、試験法が適用できない場合

  • 安全使用期限法:製品の安全使用期限があれば、これを採用。
  • 技術寿命法:設計段階で環境要素を考慮して技術的寿命を確定。
    環境保護使用期限=技術寿命+調整期間、とする。
  • 対比法:新製品の場合(安全使用期限・技術寿命が未定)は類似製品の生産技術、原材料の環境保護使用期限とする。
  • リスト対照法:一般的電子情報製品は、通則の附属書リストによる(入手している資料では、例えば、CRTディスプレイ:8年、ディジタルカメラ:10年、 LCDテレビ:10年、スピーカー:10年など。最終の資料ではありません。正確には、正式発表資料を参照してください。)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ