本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:中国

RoHS検索

Q.79
中国RoHS弁法とEURoHS指令の違いは何でしょうか。

A.79

中国当局のFAQ(2006.12.1)では、China RoHSとEU RoHSについて、同じ点を4項目、差異を7項目として説明しています。

1.同じ事項

  • 共に法規制である
  • 主な目的はすべて電子電気種類の製品の中の有害物質の制限と管理である
  • 製品貿易活動を含める
  • 特定有毒有害物質は、EU RoHSと同じ鉛、水銀、カドミウム、6価クロム、PBBおよびPBDEである

2.差異事項

  • 中国の「管理方法」はEU指令と異なり、国内法に転換する必要がなく、そのまま適用される。
  • 中国の「管理方法」の対象製品は電子情報製品であるが、EU RoHS指令の対象製品は交流1000V、直流1500V以下の電気・電子製品(当面医療用機器および監視測定機器は含めない)である。
  • 中国の「管理方法」は、部品や材料を含めて対象とし、対象製品の構成部材を直接的に有害物質の制限をしているが、EU RoHS指令は機器が対象で構成部品材料は間接的に有害物質を制限している。
  • 中国の「管理方法」は有害物質の管理は重点管理目録による「ネガティブリスト」方式を採用しているが、EU RoHS指令はWEEE指令中の8製品群をすべて入れて、その中に対して用途の除外をしている。
  • 中国の「管理方法」は2006年2月28日に公布して、2007年3月1日に施行、特定有害物質の使用制限はまだ確定していない。EU RoHS指令のタイムテーブルは2003年2月13日には公布して、2004年8月13日にEUの加盟国の国内法に転換され、2006年7月1日に施行した。
    EU RoHS指令の施行は中国の「管理方法」より早い。
  • 中国の「管理方法」は一貫 した"標準"と"重点管理目録"を制定している。
  • 中国の「管理方法」は特定有害物質の管理を2ステップ方式とする。

第1ステップ:中国の「管理方法」が発効する日(2006年3月1日)からの電子情報製品の販売は、自己宣言方式で環境保護の情報を公表する。

第2ステップ:電子情報製品で重点管理目録製品は特定有害物質の制限をする。対象製品は国家強制認証(3C認証)を経て販売できる。

最大の相違は、中国RoHSは重点管理目録製品を除いて、含有制限でなく表示義務です。日本のJ-Mossに近い概念です。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ