HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:EU

RoHS検索

Q.523
RoHS(II)指令での溶融亜鉛めっき(ドブ付け)の鉛の含有率はどのように計算すればいいのでしょうか? また、適用除外用途(Pack9)の「ホットディップ溶融亜鉛めっき鋼中に重量比0.2%まで含まれる鉛」に該当するのでしょうか?

A.523

溶融亜鉛めっきは、“hot dip galvanized coatings”やドブ付けともいわれます。
 RoHS(II)指令附属書III 6(a)では、機械加工用の鋼材中および亜鉛メッキ鋼板中に合金成分として含まれる0.35wt%までの鉛について適用除外となっています。
 Pack91)では、ホットディップ溶融亜鉛めっきの場合は、0.2wt%と厳しい基準となっています。
 RoHS(II)指令の含有率は均質材料に対しての含量とされていますが、ホットディップ溶融亜鉛めっきの場合の解釈が論議されています。
 冶金学的には、ホットディップ溶融亜鉛めっきは、亜鉛が鋼中の鉄と反応して、鋼材の表面には一連の結合した亜鉛 - 鉄金属間合金層を形成し、その外側の表層は亜鉛の層によって覆われています。
 Pack9の最終報告書の18.5.7項(除外公式用語)で、バッチ溶融亜鉛めっき鋼板に関して、EGGA(EUROPEAN GENERAL GALVANIZERS ASSOCIATION:欧州溶融亜鉛めっき協会)は、除外公式用語により、この閾値が鋼材全体について計算されることを明らかにすれば、閾値を0.2wt%まで低下させることに同意するとしています。
 この0.2wt%の減少した閾値は、EGGAによる業界全体の協議に基づいて提案されているとしています。
 Pack9の改定作業中ですが、EGGAの解釈が採択されると思われます。
 Pack9は2016年6月27日(報告書日付けは6月7日)に提出され、理事会、議会の承認待ち状態ですが、附属書III 6(a)などは再度修正案2)が出されています。
 そのなかで適用除外用途ごとに製品カテゴリーが特定され、有効期限が設定されています。

Pack9での附属書III 6(a)に関する適用除外と終了または見直し期間

  • I)機械加工用途の鋼材中の合金元素として0.35wt%まで含まれる鉛
     カテゴリー1~7、10、11:2019年7月21日
  • II)ホットディップ溶融亜鉛めっき鋼中に0.2wt%まで含まれる鉛
     カテゴリー1~7、10、11:2021年7月21日
  • III)機械加工用途の鋼材および亜鉛めっき鋼中の合金元素として0.35wt%まで含まれる鉛
     カテゴリー8、9:2021年7月21日
     カテゴリー8の体外診断用機器は2023年7月21日
     カテゴリー9の産業用監視および制御機器は2024年7月21日

1)http://rohs.exemptions.oeko.info/fileadmin/user_upload/RoHS_Pack_9/RoHS-Pack_9_Part_ALLOYS-MISC_06-2016.pdf

2)http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/column/170929.html

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!